ラポマインとノアンデを比べると!

WEBで人気のワキガ対策クリーム!
「ラポマイン」「ノアンデ」
この2つの商品をちょっと違言う観点から比べてみました〜♪

 

 

 

【公式サイトからみる比較】

 

ラポマインとノアンデ比較,ワキガ対策ラポマインとノアンデ比較,ワキガ対策ラポマインとノアンデ比較,ワキガ対策ラポマインとノアンデ比較,ワキガ対策

 

公式サイトのモデルさんから推測する両社のターゲット層の違い!
ラポマインが20代前半くらいの女性に対してノアンデがアラサー付近の女性と考えられますネ。これが商品パッケージにも良く表れています。
ラポマインが、リップ感覚のカジュアルな雰囲気のチューブを採用してるのに対して、ノアンデは、ちょっとオトナな雰囲気のボトルに銀メッキのポンプとお洒落感を演出してますよネ。

 

サイトの構成は、ラポマインが購入特典を押し出してるのに対して、ノアンデは体験談を全面に訴求しています。やっぱりちょっと若い子には特典がたくさんあった方が嬉しいですからネ〜。それに対して、ちょい上の女子は、いえいえやっぱり効能効果でしょ…という違いでしょうか。
サイトカラーも ラポマインのピンクに対してノアンデはブルーと完璧に相手を意識した作り込みになってて面白いです。このあたりの打ち出し方にも両社の違いが出ていて、若干ノアンデの方がラポマインよりも年齢的に上の層に訴求しているようです。

 

発売時期はハッキリとは解らないのですが、多分ラポマインが先行してノアンデが後発の感じです。何故かって?それは後発品は、後出しジャンケンで先行品と差別化して先行品の弱いところを攻めていくからですネ〜♪だから、容量もラポマインの24gに対してノアンデは30g。全額補償期間もラポマインの90日間に対してノアンデの120日間。定期コース購入での金額もラポマインの5,700円に対してノアンデ4,960円ですから〜♪

 

じゃあ、後発の商品の方が良いのかというとそうでもないんです。たぶん効能効果に関してもノアンデはラポマインに合わせて処方してきてますので同程度の効能効果は期待できるはずです。中味処方の切り口も天然由来成分でだいたい同程度です。両方とも柿渋が入ってます(笑)もっと違う成分あるでしょ〜っていう感じですネ。私だったらアップルフェノンとか入れちゃいますけどネ。
剤型もクリームタイプでほぼ一緒です。使用感はそれぞれちょっと違っていますが…。容器は両社ともエアレスタイプを採用して中味の酸化を抑えている点でも同じです。

 

じゃあどうすれば良いの?と言われると思いますが…後は自分の肌に合う合わないでしょうか。これは使ってみなければわかりません。

 

ただ、一つ言えるのはライン構成です。ラポマインを発売している株式会社ハーバーリンクスジャパンは、ラポマインの他にワキ専用商品として「ワキの黒ずみケア」としてピューレパールを、そして「ワキガケア」のサプリとしてラポマイン・サプリメントをラインナップしています。その他「ひざの黒ずみケア」のロコシャイン等も揃えてあります。ワキに特化した商品づくりを進めている感じがあります。今後のラインロビングにも期待できそうです。たぶん…たぶんですがワキガ用の洗浄剤あたりもこれから発売してきそうですよネ。ワキガのケアって、トータル的なケアが必要だと思うんです…、当然食生活も脂っこいものや肉類は控えて野菜を多く取る事も必要ですし。お風呂でワキを丁寧に洗ってあげる事も大事ですから…。だから、そういうワキガで悩んでいる私達の事を考えて商品づくりをしてくれているのってすごく嬉しいんです。それに、各雑誌へのパブリシティ広告の掲載に関しても積極性がみられて好感がもてますし。
その辺りから考えて私個人としては、ワキトラブルのトータルケアとしての1品という位置づけから
ラポマインをお勧めします!

 

 

「ラポマイン」を
試してみたい方はこちら